ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日までの命

Posted by Saramam on   2 comments   0 trackback

小学校の塀に毎年きれいな紅葉を見られるところがあり、
元から先端まで一様に赤く染まり発色の良さに感動する。
今日も朝の散歩でシャッターを切ったところ、お昼過ぎにはもう壊されて無くなっていた。
がっかりしたのは私だけだったのだろうか。

個人的には印象的な場所や光景があっという間に目の前から無くなってしまうこと、この頃結構あるなー。
年齢を経るたびに価値観が時代に合わなくなるからなのか、私がこだわり過ぎなのか、
がっかりすることが少なく無いのである。
こうして街の風景ががらりと変わっていって、だんだん浦島太郎になってしまうのだろうなーと思うこの頃である。

DSC01625.jpgナツヅタ

沙羅のお腹の具合が悪かったので何度も外に連れ出された結果、
劇的な変化を垣間みたのでちょっとびっくりしたのでした。
今日は3回もお尻を洗いました。お陰でブローした時に胸のコートのはげが見つかり
獣医さんに相談しにでかけ、抗生剤の注射を打ってもらいました。
細菌性の皮膚炎だそうで、良くある症状らしいのですが、アレルギーでなくて良かったけれど、
セカンドオピニオンも聞いてみたくもありますが、しばらく様子を見て判断しましょうかね。


Comment

Saramam says... "蘭丸たんへ"
> 沙羅ちゃん、saramamさんお元気ですか?
はい元気ですよー。
小樽はもう冬の装いでしょうか?寒さに強いラサになってますか?
沙羅は3歳過ぎてから朝寝坊のsaramamにつき合って2度寝3度寝の昨今です。

セカンドといわずとも、そこにいる医院長先生の意見だけでもいいのですがー、
行きつけの動物病院は奥で相談して時間をかけてなんてしたがらないですねー。
皮膚炎でも原因がいろいろあるということも説明無しなのでー、
こちらからマラセチアですかー?の質問に、曖昧に細菌の活動が活発になってとかいう説明でした。
顕微鏡で見なくてもはいはい分かったって感じでしたから凡例がたくさんあるのでしょう。
精密検査をすると高いし、しないと不安。今のところ薬が効いている様で結果オーライですが。

でも蘭丸たんの場合は命に関わる病名を調べもしないでいわないでーってかんじですよね。
不安になって当然ですよ。その場合は即刻セカンドオピニオンです。大事に至らなくてヨカッタですねー。
でも発作がある時は何か成す術があると良いですね。
2010.12.01 00:18 | URL | #- [edit]
蘭丸たん says... ""
沙羅ちゃん、saramamさんお元気ですか?
小樽でもこの前まであった、りっぱなポプラの並木が市民の反対の声の中伐採されてしまいました。
見慣れたものがなくなると、あーここ好きだったんだな私と気づかされたり・・・

蘭丸は、激しいむせ返りをよくしていて病院では心臓が肥大気味と言われました。
が別の研究機関付き病院に行くと、レントゲンも異常なしで逆しゃっくりって言われました。
セカンドオピニオンって、大事ですねー



2010.11.30 21:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/1035-6579ad27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。