ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリーの容態

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

実家のワン、リリーのお見舞いに行ってきました。
玄関を開ける前から以前のような警戒吠えが聞こえ、まずそれに安心しました。
誰よりも早く居間のドアを開けてくれようとすることは無かったが、
足取りがあやふやだが歩いている。
お正月の時の様子から一変して良くなっていることがわかる。

先週からリリーは抗がん剤の点滴を注射に変えて自宅療養中です。
注射を打ったのが1月14日金曜日、病院からのペーストフードをすっかり食べる食欲も出て来た。
だが、昨日からペーストが無くなり市販の缶詰を与えたところ、嘔吐と下痢を繰り返し、
苦しそうにしているので今日も通院ということになり同行することに。
先生の話は比較的癌細胞が減って良い傾向が見られるとのこと、何も処方されずに診察を終えた。
おやつにソフトのビーフジャーキーを与えると食いつきも良く、案ずることは無いかと思いきや、
30分もしないでほとんどを吐いてしまいました。
固形物はまだ受け付けないようだ。でも食欲があるということは一歩前進だね。
またペーストフードを食べて元気になってね!
DSC01743_convert_20110119235139.jpg
病院からもらって来たパピー用のカリカリフードのサンプルも食べたのだが、
やはりもどしてしまいました。
受け付けるものとそうでないものがあるので用心深くなってしまいます。

その後、
ご飯を柔かくして、キャベツを煮込んだものやレバーを食べて元気が出て来ています。
ご心配有り難うございます。
24日に病院で血液検査した時に白血球が少なくなっているようなので新しい抗がん剤は接種せずに帰って来ました。
胃腸薬の処方を受けているので食欲はあるようです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/1055-ad224bb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。