ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から新学期

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

DSC_0006_20110407120738.jpg
桜の花が咲きました。

大地震が何もかもめちゃくちゃにした町もありました。
いろんなことがあって怖い思いして食糧難なんて考えもしなかった。
水、オイル、牛乳。当たり前に冷蔵庫をあければいつだって手の届くところにあったのが
売って無くて困ったお母さんは朝からスーパーに並んで、苦労してました。
そんな様子をそばで見ていて、ちょっと違う大人の顔になってきたような、
何も怖い思いをしなかった頃とはちょっと違う小学生になったかも知れません.
でも子供は子供、学校でお友達と会うとケロッと今までのことは忘れて
大声張り上げて遊んでいました。

「巡り巡って四季が来ることも忘れていました。」
被災した岩手の港町の避難所に集るおかあさんはそういって菜の花を土手から摘んできたのです。
「これなら食べられると思って。」

もう絶句してしまいました。
何と云っても食。
「暖かい食事ができるということはこんなにもありがたいことなんだよ。」
としみじみ話していました.

DSC_0003_20110407122637.jpg花霞

                             DSC_0010_20110407122702.jpg
公園にて
DSC_0009_20110407122744.jpg来ないなー。MAX君。。。
DSC_0012_20110407122919.jpg明日からお天気下り坂今日が見頃とカメラは一眼レフデジタルを持って出掛けました。

桜は健気に咲いています。
ささやかにお花見を楽しみましょう。
同じ気持ちにはなれませんけど、復興を願って仰ぎ見るように祈りましょう。

違うかも知れませんが、空家に引っ越してきた乗用車に乗り合いの男の人たち、
もしかしたら避難して来たのかも知れません。家族では無い様でした。
仕事を探して来たように見受けられました。
このような方達に町内で暖かく見守って差し上げられるような流れを作らなければなりませんね。
何しろ初めてケースなのでマニュアルは無いでしょうから。
広報にもそのようなことは書いてありませんでした。

被災者がこれからどう生計をたてて行くのか、一日も早い国の政策を提示してもらいたいと思います。
県会議員選挙している暇があるのだろうか?それより、避難民に暖かい手を!

こぎれいにした犬が写真を撮りながら悠長にお散歩をしている様を見て
どう思われただろうか。
後ろめたい気持ちを隠せずに小走りに立ち去った私たちを許してください。








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/1089-834ba38a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。