ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報:トランプ君永遠に!

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

P7100011_2.jpg
この笑顔にはもう会えないと思うと悲しい。
毎日そこに行くと必ず会えるお友達にトランプ君がいました。
9歳、あまりに早すぎる別れ、しかも突然に。。。

沙羅にとっては優しいお兄ちゃん的存在で、ボールを追いかけて遊んでいたパピーの頃
奪い合うことも無く優しく譲ってくれて、女の子に特に優しいジェントルマンだったね。
誰にでも愛嬌があって、名前を呼ぶとタックルするように突進してきてブッチュとしてくれたね。
ノーリードで公園の廻りを一通り闊歩する姿はまるで公園の管理人みたいだったよ。
沙羅とはスタイルも性格も正反対だけど遊び上手なトランプ君を沙羅はとても尊敬していましたよ。

今度はいつ会えるのかなー?
良く遊んでいたロペス君と天国で会えたかなー?
何だか二人の姿が目に浮かぶよ。勝負がつくまで綱引きして遊んでいる姿が。
トランプ君はとても存在感が大きかったので火が消えたように静かな公園に
示し合わせたように今日は偶然たくさんのお友達が集りましたよ。
不思議なものですね。丁度頼んでおいたブーケと写真立てもできあがっていたようです。
トランプ君らしいカッコイイ決めポーズで、今もボールを追いかけて虹の橋を渡っていることでしょう。

いつも遊んでくれて有り難う!
天国からみんなを見守っていてね!
バイバイ!

その時的確なアドバイスができなくてごめんね!



一生の別れからほんの数週間前のことでした。
突然狂牛病のようにペタンと座ってしまい、立てなくなる症状があったそうです。
詳しく原因を調べたほうが良いかしらと相談を受け、すぐに病院に行くことを勧めました。
S動物病院は施設も設備も整い、専門医が揃っていて十分な診察をしてくれそうだと思いました。
一回目は脳腫瘍だとは分からず、安静にして骨を大事にするように云われ、遊びを控えていたそうです。
でも発作はその数日後おこりました。とても激しく嘔吐し倒れ再度精密検査をし、脳腫瘍とわかりました。
3日の入院で少し落ち着いたのでお家に帰って翌日、帰らぬワンとなってしまいました。
眼球の奥の方にできた腫瘍は出血することもなく命を縮める原因となったのでした。
徐々に症状が表に出なかったのは、トランプ君の男気のような気がします。
大好きなパパさんに抱かれて安らかに眠るように召されたとのこと、幸せな最後でしたね。(合掌)

トランプ君のお陰で築かれた絆を大切に、
ご近所さんとしてこれからも宜しくお願いします。
在りし日の動画がありましたので貼っておきます。
トランプとロペス

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/1113-f5767e29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。