ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提羅の気性

Posted by Saramam on   4 comments   0 trackback

DSC_0025_201401270115397ff.jpg
提羅は人見知りしないので他人に触られてもしっぽ振って愛想がいい。
ただ、独占欲が強いのでトラブルの元はいつも提羅なのだ。
一人っ子だったら可愛い姿だけ見られたのでしょうが、違う面がみられるところが多頭飼いの面白いところ。
が、楽しんでばかりはいられないのがルール違反を目撃した時である。
例えば、提羅が台所の足元で食べ物を狙って待ちわびているとする。
そこに豪主が近づいたらいきなりけん制し激しく噛み付く提羅の行動とか。
可愛がっている側で豪主が近づけばまたガウ。
豪主は戦いに挑むこともあるが平和主義の豪主はトラブルを避けようとする態度が見られる。
どうしたものでしょうかねー。雄同士の関係は決着つけないといけないという意見もあるが、
トラブルの原因はいつも人なのだから、飼い主の態度でなんとかしたいと思うが、
方法がわからない。
当面は平等か、気持ち豪主をフォローするようなことで対処しています。
DSC_0034_2014012701385851e.jpg
別々に飼っていれば良い子なんだけどねー。

Comment

Saramam says... "Re: katさんへ"
さすが、ボスパパさんのしつけは効くでしょう。
何時もは不在のボスonchamaが見るにみかねて悪坊の提羅を叱ることはあります。その後はしゅんとしておとなしくなるのですが、TVを観ているonchamaの横におずおずと近づきしおらしくしているので、ついなでなでしているみたいです。ただしその効果は持続しません。先住犬沙羅も輪をかけて強く逞しくなりましたよー^^
2014.02.03 00:42 | URL | #- [edit]
kat says... "正解はないものの、、、"
いつも読み逃げで失礼しています.
ejの家のkatです.

やんちゃなラサ坊のしつけは、家も試行錯誤です.
ejの子犬時代、
先住犬に対して実力差を無視して不遜にもマウントするとか
横暴の兆しがあったときに、
我が家ではこんなことしました.
「あくまでもボスは人間(kat)なのである.
Gが二番目なのである.
三番目の君がGに手出しは百年早い」というアピールで、
悪さ直後の即時フイードバックとして
動けるけど逃げ出せない強度をたもって
ejの上からボディプレスをかけました.
何度も何度も抵抗するのに抜け出せないので、
ejは子犬なりにかなり不満を述べてきましたが、
降参するまでこちらも引きませんでした.
それからしばらく、ejはすねてふてて鼻から溜め息の連続でしたが、
こちらも、だめはだめ、いい時はほめると態度を一貫して努力しました.
なんとか、先住犬に対する敬意は保ってくれています.
しかし、こちらの目を盗んでちゃっかり何かするのも
うまくなってしまったかなあ.(汗)

2014.02.02 10:34 | URL | #w0qWW3mg [edit]
Saramam says... "Re: ヤンチェンパパへ"
そう、似てますけどきっと本気で噛み付いたりはしないでしょう?提羅は本気です。女の子好きですから意地悪することは無いけど、しつこい。沙羅に対しては甘えなのかいじめなのかやたら怒らすので困ってます。近所のワン飼いの達人曰く、怖いのはオスの嫉妬だそうです。気をつけましょう。
2014.01.28 23:31 | URL | #- [edit]
ヤンチェンパパ says... ""
ヤンチェンと仲良くしてくれたダイちゃんにそんな一面があるのですね〜。末っ子クンですもんね。
…何を隠そう、ひとりっ子のうちのお嬢もすごいのですよ。。。ヤンパパが他のワンちゃん達にオヤツあげるのも、撫で撫でするのも、ものすごい剣幕で相手のワンちゃんに食ってかかるんです最近(汗)時に冷や冷やもの。
なんか似てますね。どう成長していってくれるんでしょうかね…

2014.01.28 00:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/1362-76b86813
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。