ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐったり

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

DSC_0004_20100221003047.jpg鳴くのやめて~!
昨晩の沙羅の様子です。
一寸下痢してちょっと吐いたくらいでいつもの腸炎でしょうと高をくくっていたけど、
血液が混じった透明の液体を嘔吐したので、出掛ける前にドクターに診てもらった。
留守中の様子は分からなかったのですが、帰って来て2階に上がって来ないのは少し気になった。
寝ているのだろうからそっとしていたら、唸りとも悲鳴ともいえない声で鳴き出した。

何がどうなったのかわからないまま、ドクターの指示通り栄養補給食に薬を入れ食べさせた。
食べないと心配するのだけれど、缶詰の半分は与えられるままにパクパクごくん。食べ終わるとまた鳴く。
これは精神的な問題に違いない。嫌いなドクターに点滴を打たれたのがショックだったのでしょうかねー。

ほんとにどうなっちゃったのか心配だったけど、栄養補給食に薬を入れた団子を食べたし、
寝れば治るのと信じてそのままにしておいた。
onchamaは夜の会合から帰宅し、沙羅の異常をみて何度も様子を伺いにきては成す術を果たせないままそわそわしている。
遠距離ドライブの疲れもあり、saramamは対処の仕方を批判されたような気になってイライラ
とうとう父からも心配の声が・・・とっさに眠り薬みたいなのある?と聞いてしまった。
父はいつも使っている薬なのですぐに手渡してくれた。テゾラム・・・。
一応ネットで調べて副作用などを確認。筋肉を緩め気持ちを鎮める薬らしい。
胡麻粒くらいにカットして飲ませた。
しばらくすると泣き止んでうつ伏せで寝てしまいました。時々呼吸と体温を確認し、
ぐったりしてはいるけど大丈夫熟睡しているようだ。

人の薬を服用させることに関しては無謀かなーとも思いましたが、
しっぽを下げながらも午前中散歩にも出たらしいし,午後には駅までの道程もスタスタ歩いた。
夕方にはすっかり回復し、ガウガウ遊びに興じるなどいつもの沙羅が戻って来た。
終わりよければ全て良し。メデタシメデタシ。

※注※良い子の飼い主は絶対真似しないでください。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/844-9f080e1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。