ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一汁一菜

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

質素倹約、など、日本には慎ましやかな暮らしを現す便利な言葉があります。
英語だったらSimpl is the best.くらいしか思い浮かばないけど、
一汁一菜は主婦としてはけっこう誇らし気な倹約術なのである。
昨日、姉が故郷から取って来てくれてた旬の山菜、今日は天ぷらにして頂きました。


DSC_0030_20100423224115.jpg

米沢藩は江戸時代に不遇の時期があり、貧白した財政を何とか守立てようと
時の名君、上杉鷹山が八方手を尽くしたしたことが記録されています。
有名な教訓がありますが、
これは母からよく子供の頃聞かせられていたので、耳にタコができる程覚えています。
「成せばなる為さねばならぬ何事も」
こう言い聞かせて何とかしのいだ時代があったんでしょうねー。

で、この食材についての前振りが長過ぎましたが、ウコギです。
成長するとコシアブラ、新芽はたらの芽に似たほろ苦い味わいがあります。
米沢の武家屋敷通りには今でもたくさん見られるそうです。
春先には食料にもなり、成長するとトゲがあって、防犯にもなる優れものです。
上杉鷹山さんは垣根を全てこのウコギにするように指導したそうです。

DSC_0024_20100423224319.jpg
カラっと揚げるためにはお約束があります。

過去ログにあるのでご参考にどうぞ、↓
天ぷらのこつ
あの頃はまだ元気だったあの方が送ってくれたんだなーと懐かしさがこみ上げます。

DSC_0026_20100423224343.jpg

からし和えにしても、炊き込みご飯にしても美味しいです。
ごちそうさまでした!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/916-0996f7f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。