ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけ教室-37

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

DSC00259.jpgアルクィーンちゃんの訓練風景
今日の教室に,特別ゲストKさんのアルクィーン号がいらっしゃいました。
家庭犬訓練競技の資格で最高峰のCDX獲得とJKC審査委員長賞を与えられたことがあるという。
ご主人と息がぴったりの演技に見ているコーナーからため息が、一糸乱れぬパフォーマンス振りに拍手喝采でした。
ここまで信頼関係があり、飼い主とのきずなが築かれていることにとても感動しました。
続いて嗅覚の嗅ぎ分けとお宝探しです。
                           DSC00260.jpg
股くぐりも難なくこなします。

まず、あらかじめ用意してある数名分の靴下を並べます。
そのなかのひとつの匂いを覚えさせて照合するというもの。


DSC00264.jpg

DSC00265.jpg

DSC00266.jpg

全くの迷いがないことに感嘆の声。後からの説明で風向きが向かい風の場合は
風の流れで歩きながら方向が定まるそうです。
すごいですねー。靴下が臭いからじゃなかったようで、よかったですね!ジョンパパ^^

お宝探し
あまり匂いの付いていない方の足に匂いを付け歩いてもらい、途中で落とし物をしてもらいます。
その場所を突止めて主人に知らせるという演技。
アルクィーンちゃんはその場所で伏せをします。

                              DSC00258.jpg

沙羅ちん、アルちゃんの爪の垢を煎じて飲ませたいよ。
終了後のレクチャーでの質問に答えてKさんからは、
完璧にこなせた時だけ凄く褒める、少ししか出来ないときはちょい褒め、なんだそうです。
この微妙な差が完璧を目指せるかどうかにかかっているんだなーと思いました。

沙羅の場合は少しできただけでも最上の褒め言葉が出てしまいますけどね。
飼い主も犬も忍耐力がいる作業ですが、楽しんで訓練することが大事だそうです。
「アメと鞭」の程度はその犬の性格にもよるでしょうけど、
Kさんの優しい対応からは「鞭」を使っているようにはとても見えませんでした。

とても参考になりました。有り難うございました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/955-c470175f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。