ラサの沙羅日記

ラサアプソというチベット原産の不思議な招福犬について知る人は少ない。招き猫のように千客万来となりますか。たわいない日常の記録

スポンサーサイト

Posted by Saramam on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/9日富良野・美瑛へ

Posted by Saramam on   0 comments   0 trackback

■4日目:ニセコ→小樽→札幌→中富良野泊

ニセコのホテルの廻りに散策路があるというので軽くお散歩するつもりが、
だんだん奥深くなるにつれて山道がケモノ道になってくる。
これは道に迷ったなーと思ったら即引き返す軟弱な私たちでした。
今日も朝から暑くなりそうです。くたびれた。
DSC00774.jpg

DSC00779.jpg  DSC00783.jpg

スキー場の林間コースを登っていたようだ。
戻ると気球が上がろうとするところでした。
DSC00787.jpg

ニセコの街は外国人観光客向けに外国資本の不動産が出回っている地区があるらしく、
バス停の広告が英語で書かれていたりして、一瞬ここはヨーロッパかいなと思ってしまいました。
泉郷あたりにはリーズナブルな貸別荘もあり長期滞在にはぜひおすすめしたい。
さて、ニセコをあとにして、小樽経由で札幌に向う。
道の駅スペースアップル余市で休憩、月の石の展示会があるとかで、
沙羅だけで記念撮影

DSC00812.jpg沙羅ちゃん宇宙飛行士になる!

DSC00810.jpg

その後少し離れたところでニッカウィスキー余市蒸溜所に立ち寄りました。
もちろん、動物は立ち入り禁止区域なので沙羅とonchamaは入り口でお留守番ざーっとながして見学。
古くて歴史のあるものはいいですねー。
絵になります。
DSC00814.jpg

DSC00828.jpg

DSC00822.jpg

DSC00832.jpg

お待たせしました。お疲れさん。
小樽では降りずに観るだけ観光しました。
ここも古い街並が残っている通りがありますが、ほとんどが商業施設に再生されているので
風情というものはありませんでした。
博物館として残すよりも活性化されていいのでしょうけど看板がもう少し控えめにお願いします。
DSC00836.jpg小樽に入り、

                      DSC00837.jpg
倉庫街を通り抜けて札幌に
約束の時間にギリギリ着きましたが、目標のドッグカフェが見つからず、行ったり来たり
そのうち、到着しましたがそこにはレストランが無く、ペットグッズショップだけ、
聞くところによると5年前に閉店したそうで、別のところを紹介して頂きました。

■札幌のドッグカフェ「AGOG」
DSC00841.jpg店内は混んでいたのでイメージだけ、

DSC00840.jpgほっと一息お水下さい。

北海道は広いし本州は長い、良くもまあ来る気になったねーと思っているでしょうねー。
札幌の道案内はお任せでスイスイでした。
都会はやはり犬連れだと緊張するねー。

お友達と別れを告げて、一路今夜の宿富良野へ出発しました。


やれやれ明日はラベンダーのいい香りに包まれてリフレッシュして後半の旅を続けようね!
ちょっと雨が降ったけど焼け石に水で、沙羅ちゃん暑くてバテ気味です。



富良野へは三笠インタ-で降りて山を越える途中で、
豪快な滝を観ることが出来ました。
濁流なので迫力があります。
DSC00848.jpg
DSC00846.jpg

DSC00851.jpg

DSC00853.jpg


大自然っていいなー。
この続きはまた明日!


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sindenmoku.blog100.fc2.com/tb.php/985-7778aef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。